五反田と言えば風俗~~(笑)

五反田の風俗が大好きな男の日常をつらつら。日常の愚痴や風俗の楽しさをつぶやきます。

ライトアップした風俗街五反田

男たるものたまには、浮気をしてしまうもので、五反田大好きな私ですが、先日、友人と飲みに行った際に、ふらふらと錦糸町に行ってしまいました。

いや~言っては何ですが、東京の端っこといういイメージがあり、あまり来た事がなかったのですが、いい街ですね。

錦糸町公園の方は、開発がどんどんと進み、住宅地として開発されているので、健全な感じがしますが、やっぱり丸井側は、いいですね。
競馬の場外馬券場があるのも一つの理由でしょうが、昭和な匂いをぷんぷんさせているお店が多く、スナックやキャバクラが本当に充実して、街をあるくのが楽しいです。

デリヘル風俗は錦糸町スタイル・・・!?

友人に聞いたところ、基本的には、大体のお店は揃っているが、気持ち良くなりたいならデリバリーヘルスを呼ぶのがいいと言われました。
確かに、五反田の線路沿いに見られるようなホテルが沢山あり、電話で呼ぶのが錦糸町スタイルみたいです。

友人の事もあり、先日は、デリヘルまで呼ぶ事はありませんでしたが、彼がご贔屓にしているキャバクラで2時間ほど、楽しいひと時を過ごしました。

まだまだ、個人的な開拓精神は、満たされていないのですが、錦糸町まで来る事が滅多にないので、当日、気になる物はやっておけばよかったかと後悔もしています。
ただ、友人とは、これからもあのキャバクラには行きそうなので、その時にはチャレンジしてみます。

雑談

夜の東京の夜景

今日は、7月7日の七夕の節句です。

七夕と言うと「おり姫」「ひこ星」が1年でこの日にだけ天の川を挟んで出会う日でもあります。

勿論、この様なイベントがある日と言うのは、風俗店側も色々とサービスをしてくれるもので、料金が安くなったり、女の子たちが浴衣でお出迎えしたりといつもと違うサービスがあります。

偶に、男連中と話をするのですが、今日を含むイベント毎(クリスマスなど)に風俗店に行くのってちょっと寂しくないかと言う意見もありますが、私的には、イベントでのサービスがあったりとお得な感じしかしてません。

40代で独身だからと言わればそれまでですが、個人的にはイベント大好きなので、そんな事考えた事もなかったのですが、一般的にそうなんでしょうね。

イベントが大好きな人はやはり多い・・・!?

イベント毎の中でも個人的には、「こと始め」を大事にしており、一種のおみくじ的に楽しんでいます。

これは、いつもはちゃんと指名をするのですが、こと始めの時は、運を天に任せて指名なしで入店して、いい子に当たった年は、「大吉」残念な子に当たった年は、「凶」と言う風にしてます。
因みに、「凶」だった場合ですが、別のお店に行って指名をしてちゃんとする様にしております。

全然、お勧めしませんが、お金と時間に余裕がある時に是非。

雑談

五反田夜景は妖艶アンド怪しい

五反田のイメージで最近、「芸人が風俗店に行く為の街」みたいなイメージが付いてきている気がします。

これは、テレビなどで芸人さん達が、五反田での風俗事情をトークしている為だと思いますが、結構内容としては、マニアックな物が多いと思います。

例えば、SM的な話であったりするのですが、確かに、街の古老と飲む時に聞かされるのが、昔は、「ピンクキャバレー」が多かったと言うことです。
個人的には、あまり聞き慣れない呼び方ですが、「ピンクサロン」と言うとぐっと分かりやすくなると思います。

古き良き時代の風俗も捨てがたい~

でも、古老曰く、昔は、お触り専門だったのが、これに性サービスが加わって、爆発的にブームになったそうです。
私などは、既に完成された形態しか知りませんので、それがどれほど凄い事なのか、ちょっとピンとこない部分もありますが、当時は、結構なインパクトだったのでしょう。

古老の話に戻ってですが、この様な話になると必ず言われるのが「花びら回転」である。
ピンサロは、大体30~45分と短い時間のサービスなのだが、この「花びら回転」サービスは、時間内に入れ替わり女性がサービスしてくれる事をいい、五反田が発祥の地らしく、是非、サービスを受けろと言われる。

街も元気なら古老も元気な街である。

雑談

風俗の街五反田の夜の風景

五反田と言う街はとても変った街だと思う。
山手線内の街なのだから、勿論繁華街もあり、人通りもあり、いいお店も沢山あるのだが、近くの恵比寿や品川と比べるとイマイチ、評判になる事がない。
でも、知る人は知ると言う奴で、私はこの街が大好きです。

私が、この街に来るようになったのは、90年代のバブルの頃だったと思います。
五反田は、JRの五反田駅と地下鉄の都営浅草線、東急池上線が乗り入れるちょっとしたターミナル駅です。

風俗街の町おこしに交通の便利さがものを語る

目黒川が流れる西口と東急線の乗換がある東口とで少し街の雰囲気が事なります。

西口の方がオフィスビルが多く、一般的な企業が多くあるイメージです。
東口は、ロータリーを超えた向こうに商店街があり、ちょっとした歓楽街となっています。

昔、西口からちょっと歩く距離がありましたが、TOCビルまで行っていました。
夕方に予定を入れて、打ち合わせ後、飲みに繰り出すのが一般的でした。

とりあえず、五反田は何でもある街で、一般的な飲み屋からちょっとした料理屋さんや老舗のレストラン、私の大好きな夜のお店まで歩ける距離に全て揃っているのがありがたかったです。

昔は、街を歩くと直ぐに声を掛けられるのですが、今では、やっては行けない行為なので、店先にしかいなくなり、ちょっと寂しい感じもします。

雑談